起業するためにはひたすら勉強
sof_sof_0000 / Pixabay

こんにちは、茨城で創業融資、事業用資金融資をサポートしている行政書士兵藤貴夫です。

起業することによって得られるものとは何でしょうか?
(あえてメリットとは言いません)

人それぞれいろいろあるでしょうが、自分が最近感じているのは

「社会に対する造詣が深くなる」

です。

自分自身起業家のはしくれであるにも関わらず、さっぱり自分には当てはまりませんが、他の起業者の方にお会いしてこれを感じることは多くあります。

そしてこれは

「誰かに自分の作業と収入を決定してもらう(保証してもらう)」

立場のサラリーマンの方にはなかなか身につかないことだと思えます。

本格的にその事業での収益を考えているのだったら、当然そのときの社会情勢、政治や経済、行政について知らなくてはなりません。

自分の起こした事業、これから起こす事業が本当にこの社会でニーズがあるのか、価値を認めてもらえるのか、それを見誤って過去の成功体験や自分のできることだけにこだわって廃業に追い込まれた事業はいくらでもあります。

起業したら多くは自分のプライベートと仕事は分けられなくなります。

逆に言って、そういう自分の持っている時間や環境、知識やセンスなどのリソースをフルに使って、自分が今やるべきことを決定して勝負しているから、起業はおもしろいのだと感じています。