このページをお読みいただきたい方


このサイトは茨城県での以下の方を対象に作成いたしました。
  • 起業を成功させたい方
  • 「創業融資」を知らない方
  • 独立開業を考えているが資金が足りなくて融資を受けたい方
  • サラリーマンであるが、副業で起業したい方
  • 開業資金が足りないが借金までしたくない方
  • 自己資金が十分で融資を受けるつもりがない方

創業者だけが受けられる融資を知っていますか?

※ この文章は 2017/05/04 に更新されました。

あなたは
創業融資
をご存じでしょうか?

創業融資とはその名の通り、
創業者が起業する前、または起業した後に貸し付けてくれる特別の融資
のことです。

なぜ特別なのかと言うと、融資というと真っ先にイメージが湧く常陽銀行や筑波銀行などの地方銀行、メガバンクなどでは単独で創業者に融資をすることは通常ありません。

なぜならば、基本的にそれら銀行は実績重視なので、まだ実績のない創業者に融資をすることは困難なのです。

しかしそうなると起業者は、

  • 自己資金を貯める
  • 不動産や保証人などの担保によって融資を受ける
  • 親戚・知人から借金をする
  • 出資者をさがす

しか創業資金を確保する方法がなくなります。

しかし、そういう一部の恵まれた環境がある者しか起業できないと言うのは、社会が望む姿ではありません。

今政府は起業者や副業者を増やすことを大きな目標としています。

そのため、その銀行が対応しようとしない起業者に

  • 日本政策金融公庫
  • 各県の保証協会

を通じて、融資を提供し、その起業を後押ししようとしています。

それが当サイトでご紹介している

創業融資

です。


融資・資金調達のご相談はこちらまで

初回のコンサルティングは無料です!

融資可能性の診断を行っております。お気軽にお問い合わせください!

茨城の起業支援、創業融資支援事務所


創業融資を申請するべきこれだけの理由

当事務所では自己資金のあるなしに関係なく

起業者はかならず創業融資を申請するべき

だと考えています。

理由は以下の通りです。

  • 日本公庫の統計で「創業融資をもらった起業者の方が成功する確率が高い」という結果がでている
  • 起業には予想外に経費が掛かることが多い
  • 創業計画書を作成しなければならないため、自分の事業を客観的に見ることができる
  • 起業後の経営者の悩みは大きく「人材」と「資金繰り」である
    起業成功のためにはこの負担は少しでも少ない方がいい
  • 創業融資の成功は、日本公庫や保証協会がその事業が成功する可能性があると認めたことである(日本公庫の融資に成功すると他の金融機関の事業への評価がアップします)
  • 史上初のマイナス金利によりかつてない低コストで資金調達が可能である

などです。

多くの方が創業計画を立てないで起業し、そして多くの方が失敗しています。

自分の事務所へのご相談も、そういった起業後3カ月~2年くらいの方からの資金調達のご相談が多くあります。

多くがまったく計画を立てないで起業したか、フランチャイズ本部のいうことをうのみにして起業された方です。

重要なことは創業融資をうけるということは、創業計画書を作成するということであり、第三者の客観的な目が入るということです。

これをスキップして起業することは自殺行為であると考えています。


創業融資申請を当事務所にご依頼いただく理由

ご自分で申請した場合の問題

まず大前提として、創業融資の代表的な取り扱い金融機関である日本政策金融公庫で創業者がご自分で融資を申請した場合、その成功率は2割から3割と言われています。

だめだったら申請書を作り直して再提出すればいい

とお考えのかたもいると思いますが、日本公庫では申請を受理した場合、その記録が残ります。

その記録には当然

審査で融資を否決された

という情報も含まれます。

その否決された理由にもよるのですが、最悪半年程度、再申請ができない事態も発生します。

(否決された場合、通常その理由は申請人は知らされません!したがってそれを修正しない限り何度申請しても無駄という事態もあり得ます)

起業を半年先延ばしにせざるを得ない事態は、創業者にとって死活問題である場合が多いでしょう。

そのためにも創業融資成功のためにベストを尽くさなければなりません。

専門家としてのアドバイスの必要性

当事務所に創業融資の支援を依頼いただいた場合、以下のような書類を作成します。

  • 創業計画書
  • 収益計画書
  • 資金繰り表

これらの書類を作成するためには起業するについて

「環境」「経歴」「計画」

などを伺わなければならないのですが、その中で矛盾点や無理が明らかになってくることがあります。

その場合第三者としての客観的なアドバイスをさせていただきます。

起業する方にとってあまり聞きたくない話もあるかもしれませんが、目標は

創業することではなく、ましてや創業融資を獲得することでもなく、創業した事業を継続すること

であるはずです。

どうぞ事業成功のためにも、起業支援する専門家の意見を求めてください。


創業融資、創業後の融資を希望された場合の流れ(日本公庫の場合)

  1. お問い合わせ


    まず電話かメールでお問い合わせ下さい。
    融資の可能性について判断させていただきます。

  2. コンサルティング


    融資その他の資金調達を希望される場合にはコンサルティングをお受け下さい(初回無料)

  3. 必要書類の準備


    融資申請のサポートを希望される場合、必要な書類を準備していただきます。

  4. 融資の申請書作成


    こちらで申請書を作成いたします。必要な場合には数回の面談、メール、電話での打合せがあります。

  5. 面接の練習


    日本公庫の面接対応のための練習を行います。

  6. 申請書提出


    日本公庫の窓口に申請書を提出します。

  7. 日本公庫での面談


    公庫担当者との面談があります。

  8. 決裁


    公庫内で審議され決裁がおります。

  9. 融資実行


    融資が実行され、指定した口座に振り込まれます。


代表あいさつ

代表行政書士 兵藤貴夫
当ホームページをご覧いただきましてありがとうございます。

現在起業者の方とお会いするのが一番おもしろいと感じている代表の兵藤です。

プロフィールはこちらまで

当事務所は茨城県で創業融資の申請および創業後の資金融資をサポートさせていただいています。

代表の行政書士兵藤貴夫は、皆様と同じ起業者であり、当然事業経営者です。

今政府は開業数を増やすため、創業者に対しかつてない手厚いサポートを行っています。

しかも史上初のマイナス金利により、かつてない低金利での資金調達が可能です。

安易な開業は慎むべきですが、真剣に創業を考える方にとっては追い風が吹いているといえるでしょう。

多くの起業者の方とお会いしましたが、自分がそのたびに感じるのは

起業とは仕事の選択ではなく、生き方の選択

だと言うことです。

起業という生き方、創業者という生き方を望んでいるあなたが、レストランを持ちたい、美容室を持ちたい、居酒屋を経営したい、真剣にそれらを望むのなら、どうぞお気軽にご相談ください。



融資・資金調達のご相談はこちらまで

初回のコンサルティングは無料です!

融資可能性の診断を行っております。お気軽にお問い合わせください!

茨城の起業支援、創業融資支援事務所