融資される金額

創業者の方にとって一番の心配は、またご相談を受けていて一番多い質問は

「いくらまでなら融資してくれるか」

と言うことだと思います。

しかしこれは基本的に順序が逆です。

自分の思い描いた店舗やビジネスモデルがあって、その集客・収益のためには

・どのような設備が必要で、

・どれくらいの運転資金が必要であるか、

それを洗い出すのが創業計画であり、そこで必要な資金を融資してくれと言うのが本来の姿です。

目的も理由もなく

「とにかく多くの融資」

と言うのは、その創業計画ができていないと自分で告白しているようなものです。

起業者であるのなら

「何に資金が必要なのか?運転資金か、設備資金か」

「それぞれにいくら必要なのか?」

は当然把握していなければなりません。

従って担当者との面談でもこの「いくらまでなら融資してくれるか」と言うのは禁句です。

Copyright(c) 2014 アイエージェント行政書士事務所 All Rights Reserved.