売掛金の説明
DigitalMarketingAgency / Pixabay
「売掛金」とは商品の納品だけ完了しているが、それに対して受け取っていない代金のことを言います。

代金を受け取っていないという点においては「未収金」と同じですが、「商品代金」に対する未収金は「売掛金」と呼びます。

逆に商品取引以外で発生した未収金はそのまま「未収金」となります。

この売掛金には、一時的に資産を減少させるマイナスの効果があります。

「売上」はあがっても、現金は増加しない、つまり資金繰りを悪化させることになります。

「売掛金」と「買掛金」は取引先が増えてくると、管理を厳格にしなければなりません。

それは当然ですが、売掛金の回収漏れや、買掛金の支払い漏れを防ぐためです。

そのためには「得意先元帳」や「仕入先元帳」を作成して管理します。