起業後の銀行
skeeze / Pixabay
個人事業を始めたら、通常個人用口座とは別に事業用の銀行口座を作ります。
(これは税務署でもそう指導するようです)

法人の場合には、当然法人名で口座を開設します。

このときにどの銀行と取引するかを考えなければならないのですが、融資を考えなければ、近くに支店がある銀行、全国に支店がある銀行、名の通っている銀行など自分の好みで好きに選べばいいです。

預金を下ろしやすいというだけで言えば、ネット系の銀行でもいいでしょう。

しかし将来の融資を考えているのなら、漠然と銀行を選んではいけません。

メガバンクなどは全国に支店があるので、便利なこともあるのですが、こと融資となると起業者、小規模事業者にはかなりハードルが高くなります。

お客様に「話も聞いてもらえなかった」ということも聞いています。

ではどの銀行を選ぶのかと言うと、信用金庫と信用組合です。

茨城県では「水戸信用金庫」「結城信用金庫」「茨城県信用組合」があります。

これらの銀行はそもそもが小規模事業者の相互扶助や、地域の発展などが設立目的にあるので、担当者が事業主を訪問してくれて地域の情報を提供してくれたりするありがたい銀行です。