会社を設立したあとに必要な印鑑
foturo / Pixabay
会社を設立するとき、設立したあとには様々な印鑑が必要となります。

法律上、最低「代表者印」は必ず必要となります。

ほかに、銀行印、角印、使用印、さらに「住所」「社名」「代表者名」を含んだゴム印を用意する場合が多いです。

代表者印と銀行印をひとつで済ませる方も多いのですが、複製されるリスクなどを考えた場合、別々に用意した方が安全性は高まります。

代表者印

代表者印とは、登記申請書に押印する代表取締役が登記所に届け出る印鑑になります。

会社の実印ともいわれるもので、会社設立後に印鑑証明書の交付を受けると、この印影が証明書に載ることになります。

偽造されると重大な事件を引き起こすことになるため、偽造されにくい字体にするのが普通です。

(普通の印鑑業者だったら、当然そうするはずですが)

特に形態に規則はありませんが、一般的には直径18mmの丸印が使用されます。

代表者印の大きさには登記上の制限があり、「1辺の長さが1cmを超え、3cm以内の正方形に収まるもの」と定められています。

代表者が交替した場合は、代表者印を替えることも可能ですが、基本的には替える必要はありません。

また、代表取締役を置いていない会社では、それぞれの取締役が会社を代表することになるため、 そのうちの最低1名が代表者印を届け出れば問題ありません。

銀行印

口座を開設する際に銀行に届け出る印鑑です。

キャッシュカードを作らない場合、ネットバンキングを利用しない場合には、以後この印鑑を使って銀行窓口で現金を引き出すことになります。

このあたりは、個人の口座と変わりはありません。

また取引先へ渡す手形・小切手への押印もこの銀行印を用います。

記載する内容としては、一般的に

印鑑の外枠に「会社名、商店名または団体名」
内枠には「銀行之印」

の文字を入れます。