補助金と助成金を混同して使われているケースもありますが、両者は厳密には違うものです。

補助金

補助金、助成金
ijmaki / Pixabay
申請するのには、一定の要件が必要であったりしますが(たとえば開業する地域や住居地、開業時期など)さらに申請したからと言って必ずもらえるわけではないのがこの補助金です。

「採択率」や「申請の容易さ」などで、ここ数年で話題になった補助金としては

  • 創業補助金
  • 小規模事業者持続化補助金
  • ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金

などがあります。

これらの補助金は申請期間が決まっており、しかも発表即公募開始で、しかもその期間が一月などと言うことがあるので、補助金を希望する場合には常にアンテナを張っていなければなりません。

なお補助金は一般的に「返済不要」であると説明されていますが、上記の創業補助金は「一定の収益を上げた場合」には返済の義務があるとなっています。

なので、補助金イコール返済不要と考えるのはちょっと危険です。

助成金

補助金と違って「申請の条件を満たせば必ずもらえる」のが助成金です。

この助成金は厚生労働省が実施している人事・労務関係のものが多いのですが、それは必然的に「人を雇った後」に初めて申請が可能になるということでもあります。

なのでこの助成金を元手に人を雇うということはできませんが、この助成金を当てにして人を雇う、社員教育をするのは可能です。