自治体制度融資について

県や市町村の自治体、保証協会、銀行が組んで、創業者に融資を行う制度です。

茨城県の場合各地の商工会が窓口になっています。

日本公庫と違うのは、実際に融資するのは銀行であり、保証協会はその回収ができなくなった時に創業者に代わって銀行に弁済するということです。

基本的に無担保・無保証人であり、市町村によっては保証協会に支払う保証料や利息を肩代わりしてくれたりします。

Copyright(c) 2014 アイエージェント行政書士事務所 All Rights Reserved.