ミッションとしての起業
skeeze / Pixabay

こんにちは、茨城で創業融資、事業用資金融資をサポートしている行政書士兵藤貴夫です。

自分に自信が持てなくて起業できない人がいます。

起業について情報を収集して、勉強意欲も盛んなのですが、いつまでたっても事業で収益をあげられる自信、お客様に十分な満足を与えられる自信がなくて起業できないのです。

「見る前に飛べ」

という言葉がありますが、できるかどうかわからない場合でも、その不安に打ち勝って、背伸びして行動を起こさなければならない、手を伸ばさなければならない場合があります。

自信満々に自分の起業に確信を持てる起業者はまれです。

絶対にそこには不安と恐怖があります。

この自信が持てない原因にはいくつかの種類があるように思います。

  • 自分が行おうとしている事業について経験がない。
  • 自分が行う将来の事業について夢を見ることで満足してしまっている。
    (夢をかなえることが目的ではなく、夢を見ること自体が目的化してしまっている)

断言してもいいですが、どれだけ自分の事業について、起業について勉強したとしても、100%の自信はつきません。

それに打ち勝って、行動を起こせるのかどうかがまず第一関門なのだと思います。

結局起業者にできることは、

  • 起業する業種について学ぶこと。
  • 起業そのものについて学ぶことこと。
  • 経営について学ぶこと。
  • 創業計画を立てること。
  • 行動すること。
  • 失敗すること。
  • 改善すること。

というPDCAを回して、少しでも成功の確率をあげることしかないと考えています。