創業融資を得る女性
geralt / Pixabay

こんにちは、茨城で創業融資、事業用資金融資をサポートしている行政書士兵藤貴夫です。

起業者の創業融資や事業主の資金調達を支援すると決めたときには想像もつかなかったことですが、お客様の中には

融資 = 借金

という意識から

「融資を受けるのは恥ずかしい」という意識を持たれる方がいらっしゃるようです。

まあ「もしかして恥ずかしいですか?」などと面と向かって聞いたこともないので(聞けないので)想像でしかないのですが、もしかするとそうではないのかと感じるときがあります。

しかしご自分で事業計画書を書こうとしたことがある方ならおわかりだと思いますが、融資を受けるための事業計画は当然返済できる計画でなければなりません。

つまり自分の事業がいかに有望で、ちゃんと利益を生んで、元本と利息の返済が可能であるかを文章や数字、表やグラフなどで日本公庫や保証協会の担当者+その上司を説得できるものでなければなりません。

当然机上の空論であれば簡単に見破られます。

さらに公庫では事業主としての適正を見るための面談もあります。

つまり事業計画書を元に融資を受けられると言うことは、事業として、そして事業主として認めてもらえたということです。

これは名誉なことであると思うのですが、いかがでしょうか。

なおある事業主に、創業融資を受けなかった理由を尋ねたところ

使ってしまいそうで怖い

という返事を貰ったことがあります。

これは経営者としての適性に問題があると思うのは私だけでしょうか(笑)