日本政策金融公庫の面談対策
OpenClipart-Vectors / Pixabay

こんにちは、茨城で創業融資、事業用資金融資をサポートしている行政書士兵藤貴夫です。

今日は起業希望者の方の日本公庫の面談だったので、その前にお会いして練習をしました。

やはり皆様、面談となると少なからず緊張されるようで、今日の方もその例外ではなかったようです。

しかし、終わってみればそれほど緊張する必要はなかったということが今までほとんどです。

以前にある起業者の面談に同行したのですが、終わった後で

「それで本番の面談はいつですか?」

と聞かれたのは最初意味が分かりませんでした。

つまり、よくよく聞くとたった今日本公庫の担当者にざっくばらんに聞かれたことはただの世間話で、本番の面談は後日怖い顔の審査官の前で詰問されるようなイメージを持っていたようです。

「今終わりました。今のが面談です」

と言うと驚かれていました。

そっけなさを感じさせる担当者もいましたが、総じて日本公庫の担当者は、ごく普通の温かみのある対応をしてくれるという印象があります。

また起業者もどれだけ緊張していても、いざ本番になれば経営者らしい顔になって、ちゃんと受け答えができることが多いと言うのが、自分の印象です。

以前も書きましたが、サイトへのアクセスを見てもやはり日本公庫の面談は皆様不安のようですが、本番になればなんとかなることがほとんどでしょう。

なので、起業者はもっと自信を持って面談に挑んでもらいたいと思います。

(もしもどうしても不安でたまらないというのであれば、面談の練習だけでも対応しますので連絡下さい)