日本公庫の面談対策
geralt / Pixabay

こんにちは、茨城で創業融資、事業用資金融資をサポートしている行政書士兵藤貴夫です。

先日日本政策金融公庫でお客様と創業融資申請での担当者との面談に同席しました。

このお客様、極度のあがり症で、何回か私と面談の練習をしたのですが、

「これは無理かも」

と思わせるほどでした。

ところが本番の面談では至って落ち着いて担当者に説明されて、受け答えをされていました。

やはり人間と言うのは、ぎりぎりにならないとその実力がわかりません。

ところで、公庫の面談も、担当者に対してすらすらと立て板に水を流すがごとく話す必要はないのであって、必要なのは

「申請書と矛盾しない内容で」
「誠意を持って」
「熱意をもって」

申請書の内容や、現在の自分の状況や、事業についての自分の考えを説明できれば十分です。

またその際に「否定的な意見を自分から言わない」というのもポイントです。

誰もこれから行う自分の事業に100%の自信がある人はいません。

しかし、だからと言って最初から自分の計画のアラを自分で暴き立てるようでは、担当者でなくても不安になります。

わからないことは「わからない」、間違ったことには「それは間違いました]と正直に自信を持って答えるようにしましょう。

このお客様もそうだったのですが、自分のサイトへのアクセスを見ていると、どうも「公庫担当者との面談」に悩んでいる方が多いようです。

今回はちょっとポイントを解説しましたが、面談に自信がないのはあなただけではありません!

この文章がこれから面談を行う人の参考になれば幸いです。