ものづくり補助金のアイデアを練る美女二人
Unsplash / Pixabay

こんにちは、茨城で創業融資、事業用資金融資をサポートしている行政書士兵藤貴夫です。

事前の情報通り、表題の通称「ものづくり補助金」さらに略して「もの補助」の公募が昨日11月14日開始されました。

当事務所では申請書作成をお請けいたします。

ただし、公募期間に余裕がありません!

状況によってはお請けできない場合もございます。

申請をお考えの方は、早急にご連絡を下さい。

全国中小企業団体中央会hp
公募要領

事業主の皆さまはに一番関心があるのは

「どのようなアイデアだったら採択されるのか」

だと思います。

それについては、要項の以下の文章に表れていると思われるのでここで引用しておきます。

「本事業を行うことによって、どのように他者と差別化し競争力強化が実現するかについて、その方法や仕組み、実施体制など、具体的に説明してください。」

よければ以下の記事も参考にして下さい。

ものづくり補助金を採択されるには

詳しくは公募要領をお読みいただくとして、以下が概要です。

公募期間

平成28年11月14日(月)~平成29年1月17日(火)〔当日消印有効〕

平成29年3月中を目処に採択公表を行う予定。

2次公募は予定していません。

対象期間

本事業の事業実施期間は、交付決定日から平成29年12月29日(金)まで(小規模型の場合は、平成29年11月30日(木)まで)になります。

この期間において、発注、納入、検収、支払等のすべての事業手続きが完了できる予定の方が応募申請対象となります。

補助対象事業及び補助率等

「革新的サービス」
「ものづくり技術」

のふたつの類型があり、それぞれさらに

「第四次産業革命型」
「一般型」
「小規模型(設備投資のみ、試作開発等)」

に分類されます。

「第四次産業革命型」

・補助上限額:3,000万円
・補助率:2/3以内
・設備投資:必要
・補助対象経費:機械装置費、技術導入費、専門家経費、運搬費

「一般型」

・補助上限額:1,000万円
・補助率:2/3以内
・設備投資:必要
・補助対象経費:機械装置費、技術導入費、専門家経費、運搬費

「小規模型(設備投資のみ)」

・補助上限額:500万円
・補助率:2/3以内
・設備投資:必要
・補助対象経費:機械装置費、技術導入費、専門家経費、運搬費

「小規模型(試作開発等)」

・補助上限額:500万円
・補助率:2/3以内
・設備投資:可能(必須ではない)
・補助対象経費:機械装置費、技術導入費、専門家経費、運搬費 、原材料費、外注加工費、委託費、知的財産権等関連経費、クラウド利用費

雇用増・最低賃金引き上げを行う場合の特例

※「第四次産業革命型」は除きます。

  • 雇用増(維持)をし、5%以上の賃金引上げについては、補助上限を倍増
  • 最低賃金引上げの影響を受ける場合については、補助上限をさらに1.5倍