補助金申請のアイデアを練る女性
benniaotang / Pixabay

こんにちは、茨城で創業融資、事業用資金融資をサポートしている行政書士兵藤貴夫です。

先日のブログでもお伝えしました表題の平成28年度第2次補正予算による

「小規模事業者持続化補助金」

が本日公募を開始しました。

経済産業省hp
全国商工会連合会hp
日本商工会議所小規模事業者持続化補助金事務局hp

詳しくは要項をご覧頂くとして、初めて知る方のために簡単に説明すると、この補助金は

  1. 販路開拓のための取組」「業務効率化・生産性向上のための取組」に対して補助する
  2. 通常50万円を上限として支出の3分の2を補助(つまり75万円以上の支出で50万円補助)
  3. 「従業員の賃金を引き上げる取組」「雇用を増加させる取組」「買物弱者対策の取組」「海外展開の取組」については上限を100万円に引き上げる

というものです。

この補助金も開始した当初は単純に

「チラシを新たに作る」
「ホームページを新たに作る」
「DMを発送する」

などの簡単なアイデアで採択されていたようで、

「申請しないと損」

とまで言われていましたが、さすがに今ではレベルが上がって、そういったありきたりのアイデアでは採択されにくくなっているようです。

現在この補助金が採択されるかどうかのポイントは

事業を飛躍させるためのアイデアと情熱が申請書に盛り込まれているか?それがどれだけ審査員の共感を得られるか?

だと考えています。

裏を返せば審査員に

「誰でも思いつく」「補助金が欲しいだけ」

と思われたら、採択される可能性は低くなるということです。

この補助金、金額は低いものの補助範囲が広く使い勝手がいいので、今までアイデアはあってもコストの問題でためらっていた

  • 斬新な商品パッケージ
  • 効果のあるチラシ・DM・ホームページ
  • 店内の改装、陳列棚の導入
  • 新規顧客や売上アップが見込める新規商品の開発
  • 業務を効率化するためのソフトウェアの開発や機材の導入
  • 従業員が作業する動線を改善するための機材や設備の導入

などを実現するチャンスです。

ぜひこのチャンスを逃さないようにしましょう。