申請人がブラックであったら・・・

個人信用情報に問題があった場合

申請人(法人の場合には代表者)がブラック、つまり信用情報に問題があった場合、融資は受けられるのかという質問を受けます。

日本政策金融公庫は申請人の信用情報をチェックします。
(保証協会についてはチェックしないこともあるようです)

かつてクレジットカードの借金を踏み倒した、自己破産したなどの場合、どんなに素晴らしい創業計画書を作っても、それだけで門前払いされる可能性があります。

クレジットカードが作れない方は要注意です。

信用情報に問題があった場合の対応方法

・クレジットカード、ローンの支払いが遅延した
・クレカ、ローンの支払いを踏み倒したまま住所を移転した

これらの行為は決して褒められたものではありませんが、それでもそれらの行為によって一度傷ついた信用情報であっても回復の手段がないわけではありません。

単純に個人信用情報会社と交渉するだけで記録を消してもらえるケースもあります。

「信用情報を回復したい」と考えている方は、一度お問い合わせ下さい。

Copyright(c) 2014 アイエージェント行政書士事務所 All Rights Reserved.