創業融資には法人の方が有利?

確かに個人事業よりも法人化されている方が一般的に信用度は高いと言えます。

特に平成17年の会社法成立以前には、最低資本金制度があったため、株式会社を設立するためには一千万円、有限会社で三百万円が最低必要であり、それだけで信用される理由はありました。

しかし、現在の会社法では最低資本金制度は撤廃され、1円で株式会社も設立できるようになっています。

例えば十万円の資本金で設立した株式会社と、こつこつ貯めた三百万円が通帳に記載されている個人とでどちらが信用されるかと言えば後者であるのは明らかでしょう。

従って創業融資においては個人と法人とで融資による有利不利は一切ありません。

Copyright(c) 2014 アイエージェント行政書士事務所 All Rights Reserved.